うつ病には鬱病リスクが増加す生理用品る可能性がある

新華社電フィンランド1項最新研究によると,生理用品、一人暮らしの人がうつ病のリスクを家族と同居する人の高い80%という.フィンランドヘルシンキ大学,職業健康研究所や国の健康と福祉研究所の研究員にななしち年間、追跡調査した購入抗うつ薬の約3500人の仕事の中の芬兰人.その結果、独居者の中で25 %の人が鬱憤薬治療うつ病治療を購入、家族と同居者には15 %の人が鬱憤薬を購入することができます.

研究者は、独居者は精神的健康面の問題になりやすく、うつ病のリスクは家族と同居する者より高い80 %という研究者として分析している.調査によると,フィンランド独居女子はうつ病、主に社会経済因子、例えば失業や居住条件などが悪いという.また、一人暮らし男子はうつ病にかかり、社会的心理的要因により社会的な付き合いや仕事の条件が不足など、独居男子が酔っぱらう傾向が深刻だ.研究者は、社会関係や物質生活の改善には心理的健康の促進を促進することと考えている.

一方、独居とうつ病と関連の半分の原因として、その半分の原因として、さらに研究について説明しています.過去20年間、フィンランド全国で一人暮らし者数が1倍増えました.現在はおよそひゃく万芬兰人一人暮らして、全人口の約20%を占めフィンランド.2020年までに、独居家庭はフィンランドの家庭総数の50 %を占めているという見通しだ.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です