患者の生理用品違いを考慮し、設計する専属治療方式

一般的な尿失禁失禁や尿漏れ、保守療法、骨骨盤収縮運動や電気刺激などで復元されます.

前後に、閉経後の女性は,使えるエストロゲンの治療は、下の泌尿道や膣血管数と血流増加して、改善することを助けることを急いで、夜尿尿などの症状で、これも龙震宇主任と高雄医学大学の蔡英米教授の共同研究の成果と経験の論文.

手術については、主流のTVT(尿道中段スリング手術)とTVTO(新式経闭孔スリング手術)はそれぞれ特色があり、TVTO穿刺膀胱危険を減らすことができ、手術時間が短いが、V型ストラップに属するにより、TVT U型のガーターの強さに、深刻な尿失禁患者(約2割)は、TVT優先に言及して、龙震宇.

から、骨盤たるみの人工網膜子宮膀胱ぶら下がって手術で、成功率は高いが、に減少につながる可能性膣壁弾力性行為に、相手が悪い感じ、龙震宇に言及して、かつて研究によると、術の後で一部患者が性生活の満足度を下げるこれは考えなければならない、の要因
.

の生産には特に気をつけてください

から、年上は心臓血管の疾病の女性は、提案しない龙震宇骨盤再建術.

全身麻酔がリスクを勧め子宮托凌げ可能(注:柔らかいシリカゲル材質、丸状や狭い塊状、直接膣に入れ、毎日を出して洗浄晾乾)は、面倒が安全.

また、長期の研究産婦人科に尿失禁と骨盤たるみを提出龙震宇も予防心得.

彼は発見自然産、胎児過重と多産(さん胎次以上)は危険因子.

妊婦は妊娠の時に気をつけて食べ過ぎないように甘いものや高カロリー食品を避けるために、胎児は大きすぎて、妊娠や出産時にも骨盤をもたらしやすくて、また、産婦人科医師には取り上げ,生理用品、避け産婦裂傷も、気をつけて縫合、これらはすべて未来に尿失禁の肝心な要素.

▼外来の特色:小港病院女性泌尿外来小さく暖かく,一寸の虫にも五分の魂、診療区は個別個室の検査室と衛教室、気付いて個人のプライバシー.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です