点と点の生理用品関係

p>私<リード学院読み取り専用6ヶ月で退学した、それは学校で傍聴しながら、約一年半、私は徹底的に離れ.では、なぜ私は退学しますか?

これは私が生まれてから話す前から.私の実の母は若い未婚学校研究生、彼女は私を他の人にプレゼントすることに.彼女はとても私の養子縁組は大学の学歴の人だから、すべてを手配して、私が生まれた時から渡しに弁護士夫婦に引き取ら.まさか私は着地した瞬間、夫婦が決めた女児.こうして、わたしの両親が――その時彼らは登記簿に並んで待っている――真夜中の電話を受けて:“私達のここは人がいない男の赤ちゃんが、あなたは?」もちろん.彼らは答え.しかし、私の実の母後に私を見つけた養母は大学の卒業生で、私の養父中学卒業さえもないので、彼女に断ら最後の縁組書類にサイン.しかし、何ヶ月を過ぎない彼女は情にもろいので、私の両親が許諾後日必ず私を送って大学.

17年後、私は本当に大学に入った.当時私が無邪気に选ばれたが、スタンフォード大学费はほとんど同じ高価な学校、労働者の育ての親はあらゆる手を尽くして、大学の授業料を払ってくれた.読みました6か月後、わたしは見られない学校に何の意味がある.私はこの一生知らない自分が何をしたいのか、大学も知らないことができるかどうか私が分かる自分が何をしたいのか.その時、僕は一生使って両親のお金を節約する.だから、私は決定退学、そして後日私はこう信じて証明に.当時はこの決定に心がまっすぐドラムが、今思い出して、これはまだ本当に生まれて作った良い決定.退学からあの時から、私はできないであれらの私に興味がないの必修科目から、いくつかの面白い授業に見える傍聴.あの日は少しもロマンチック.私は寮で、寝るだけで部屋の床.私はコーラ瓶を返しに行く、その5銭の敷金を食べる.毎週の日曜日の晩に私も7マイル歩いて、城の向こうのコリ施納礼拝堂に、毎週一回の美食を食べる.私はそれのように.私は好奇心と直感によってやってこれらの事は、その後も多くの証明は宝で、みんなに例を挙げて:当時、リード学院の書道科目はたぶん全国最高の.キャンパスの中ですべての掲示板やそれぞれの引き出しのラベルに書いた字も綺麗に.その時、私は中退し、生理用品、授業も正常なので、私は決定を选門書道科目を学び、どのように言葉を書く.私が書いて截线と短い持たない短い截线の印刷フォントによってその字間調整字母組合、そしてどのように調整を上手に加えていい.この授業はよかった、両方の歴史はまた造詣が深く、この点ができないで、私は思うそれ得も言われぬ.

当時私は望みの書道の後の中には何か実用価値.しかし、10年後、私たちは1台のMacintoshコンピュータを設計する時、それは急に浮かぶ.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です