生理用品としてのタンポン

タンポンというものは分泌物や血液の吸収に用いる医療用具の一種です。円筒状または球状の綿、ガーゼであります。日本においてはちつ内に挿入して生理の際の経血を吸収する目的で使用する整理処理用品、あるいは手術の際に出血した血を拭き取る為に使われるものを指します。
女性なら誰もが経験する生理ですが、今は生理用品も様々充実しているので自分に合った物を選べられます。 主にナプキンとタンポンが使われていますが、最近では昔の人に見習い布ナプキンも注目されています。
布ナプキンにもメリットとデメリットがありますが、生理痛が緩和されるというメリットは多くの女性が実感しているようです。しかし利便性に優れている事や市販のものが多いことから、一般的なナプキンやタンポンを使う人の方が多いです。
だが、タンポン、一般的な使用率はかなり低いのです。必然的に販売されている種類も圧倒的に少ない訳です。日本では、タンポン派は少数派です。ナプキンが身体の外で経血を吸収するのに対しタンポンは体の中で経血を吸収します。
取り出し用の紐がついた細長い吸収体を直接膣内に挿入します。指で挿入するタイプとアプリケーター付きのタイプがあります。アプリケーター付きの方が初心者でも使いやすいタイプです。
ナプキンに比べて長時間持つため長時間替えられない時や量が多いときにも使えるのがメリットです。水泳もできます。タンポンはナプキンと違い経血が出る独特の感触がないのも特徴です。 まるで生理の日じゃないような快適さで生理であることを忘れさせる魅力があります。
経血量の多い方や安心して使いたいという方はタンポンとナプキンを使用している方もいらっしゃいます。言うなれば、タンポンとナプキン併用派です。

バイアグラは一番最初に販売されたED治療薬なので、一番有名です。ED治療薬というと、まずバイアグラのようなイメージです。