生理用品の安全性

僕は今、365Hまるまる、毎Hが楽しくて仕方がありません。「笑いが止まらない」と言うと大げさに 間こえるでしょうか?気が付けば、大勢の友達がいます。そして、雲ひとつない空のように、スカッと した気持ちの良い闩々が絞いています。
もし、良我r心の再生」民療に出会っていなければ、僕は自ら命^^っていてもおかしくありませんで した。受妙溪、どれだけ食い^:に秦したかは、語っても語り尽くせません。
今Rも、優雅でSに包まれ、満たされ為間が絞いています。
2■心の三13 プラスの心とマイナスの心
私たちの心は大きく二つに分かれます。rフラス」の心と「マイナス」の心です。プラスは「愛」、マイナ スは「恐怖」です。野牛動物などはシンプルですから、あらゆる3の^Rがこの「愛」か「恐怖」で す。たとえば、自分の子ども^?する気持ちから餌をiしたり、@が現れ^^に巩稀心から身宝寸っ たりするのがよい例ですU
このように、野牛の動物は本能のままに—な心の反応に従って牛きていますが、人間の心はもう少し 複雑です。
人間にとって、プラスの心とは、「明るく」rmilnjきに」「I的に」r夢^^って」って」rフラ ス田寒で」「愛と感謝の気持ちで」「叢な心で」「生理用品」といっ鲁葉で表される心です。また、 マイナスの心とは、「暗く」「生理用品」「人を恨んで」「悄んで」「妬んで」riで」「13©で」「マイナス 思考で」というように表現される心です0

生理処理用品とは、女性の月経における経血を吸収して処理するためのものであり、医薬部外品の指定を受けている。なお、「カップ」などの新しい発想の生理用品についての知識がない方は、「なぜタンポンを使わないのか」などと発言せず、黙っていた方がよいと思います(タンポンは、ナプキンと比べてもっと昔っから有害説ありますよ。ですから、生理用品の安全性は女性にとって一番重視されますところです。