生理用品の歴史を見てみよう

現在の生理用品と昔の生理用品と比べて、ずっと便利で使いやすいです。女性の生理期間は月に五日とすると生涯六年半以上もの長い間生理用品、ナプキンとの付き合いになります。生理用品ナプキンは昼夜寝るときとセレクトできますが古来の女性たちの生理用品ナプキンの歴史は驚くばかりで古布やさくら紙綿などで過ごしまた経血が少なかったと言われています。

明治時代から販売された生理用品「安全帯」というものでした。現在の元祖Tバックの生理用品版といったところでしょうか。肌に充ててベルト式パンツという感じのナプキン式「直接局部に触れる」吸収の為だけでなく現在の生理用品パンツ月経帯とペアで使います。

また、あそこにつめる「挿入する」方法もあります。体の内側に吸収させるもの「古いぼろ布、紙など」詰める処置であてる生理用品よりも前におこなわれていたが体に害を与えるとして未婚女性は特に好ましくないと考えられていました。

綿球という生理用品もあります。現在の生理用品の原型とも考えられるタンポン式には一球で平均7時間程度経血吸収します。明治から昭和初期頃まで2種類の月経帯、吸収させるものを吊るしたようなフンドシのようなTバックショーツの元祖といえるでしょう。

大正時代初期になるとシンプルなデザインだったんです。物資が不足している時代の最先端の生理用品だったのかとかん考えられます。昭和の和装から洋装へと流行も移行しスローズ型の月経帯、生理用品が普及し現在でいる生理用ショーツの形に変わってきました。 物資不足の時期を過ぎ脱脂綿以外では水洗トイレに流せる特殊な紙綿のナプキンが普及しました。

昔から生理用品は女性にとって必要不可欠であり時代とともに進化し今のような生理用品、生理用ショーツが登場です。江戸時代は現代のように車の排気ガスと言ったものもなく女性たちは毒素もすくなかったとかんがえられ月経時はトイレで用たしと同時に経血排出していました。